株式会社オハラ

WMS™-15

DWDM光通信用誘電体多層膜フィルターにご使用いただけるガラスセラミックスサブストレートです。中心波長の温度安定性が高いフィルターを実現し、熱膨張係数や剛性が問題となる各種デバイスへの使用が可能です。

DWDM光通信用誘電体多層膜フィルターにご使用いただけるガラスセラミックスサブストレートです。中心波長の温度安定性が高いフィルターを実現し、熱膨張係数や剛性が問題となる各種デバイスへの使用が可能です。

製品紹介

DWDM光通信用誘電体多層膜フィルターにご使用いただけるガラスセラミックスサブストレートWMS™-15を開発しました。このサブストレートは中心波長の温度安定性が高いフィルターを実現するために、最適化された熱膨張係数や高ヤング率などの特性を持っています。熱膨張係数や剛性が問題となる各種デバイスへの使用が可能です。

特徴

  • 01最適化された熱膨張係数

  • 02高ヤング率

物性特性

物性データ WMS-15
材質 ガラスセラミックス
比重 2.50
ヤング率 (GPa) 96
ビッカース硬度 800
摩耗度 Aa 31
耐熱温度 (℃) 650
熱伝導率 (W/(m・K)) 1.9
熱膨張係数 -30~70℃ (10-7/K) 114
耐水性* RW(P)JOGIS 1
耐酸性* RA(P)JOGIS 1
内部透過率 1550nm 1mmt(%) 99.9
屈折率 1550nm 1.524
dn/dT -30~70℃ (10-6/K) -2.1
*全ての物性値(熱膨張係数、dn/dTを除く)は室温で測定しております。
*屈折率、dn/dTは計算値です。
*はJOGIS(日本光学硝子工業会規格)に基づいています。
本仕様は技術開発に伴い変更することがあります。
製品形態 研磨加工済サブストレート(1~12インチ)

 

WMS™-15のエッジチッピング写真

 

用途例

  • 通信関連
    通信関連

お問い合わせ