株式会社オハラ

コーポレート・
ガバナンス

当社のコーポレート・ガバナンスに関する情報を掲載しています。

当社のコーポレート・ガバナンスに関する情報を掲載しています。

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、「常に個性的な新しい価値を創造して、強い企業を構築し、オハラグループ全員の幸福と社会の繁栄に貢献する」を経営理念として定め、これに基づいて事業活動を行ってまいります。この経営理念を実現するため、社内組織体制や経営管理上の仕組みを整備し、必要な施策を実施しております。
また、株主、顧客、社員、地域社会等の様々な利害関係者に対して、社会の公器としての責任を果たすことが、 結果として、企業価値の最大化につながるということを強く認識し、企業倫理に即して透明性及び健全性が確保された経営を行なうことが、当社の考えるコーポレート・ガバナンスであります。

  1. (i)株主の権利を尊重するとともに、平等性を確保いたします。
  2. (ii)株主を含むステークホルダーの利益を考慮し、それらステークホルダーと適切に協働いたします。
  3. (iii)会社情報を適切に開示し、透明性を確保いたします。
  4. (iv)取締役会は、独立した客観的な立場から経営陣・取締役に対する実効性の高い監督を行います。
  5. (v)株主との目的を持った建設的な対話を実現するため、双方向のコミュニケーションの充実に努めます。

コーポレートガバナンスに関する基本方針

コーポレート・ガバナンスに関する報告書

取締役会の実効性の分析及び評価結果

当社では、コーポレート・ガバナンスに関する基本方針第16条(取締役会の評価)において「取締役会は、毎年、取締役会全体の実効性について分析・評価を行い、その結果の概要を開示する。」と規定しております。当該規定に基づき実施いたしました評価の結果の概要は、以下のとおりです。

定款

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左のアイコンからダウンロードして下さい。

OTHER CONTENTS

関連する情報については下記からご確認いただけます。
IR情報について詳しく知っていただけるコンテンツをご用意しております。