株式会社オハラ

CSR活動

オハラは地域や国際社会の一員として、
社会との調和や環境保全活動に積極的に取り組んでいます。
これからもさまざまな活動を通して、社会へ貢献していきます。

オハラでは地域や国際社会の一員として、社会との調和や環境保全活動に積極的に取り組んでいます。これからもさまざまな活動を通して、社会へ貢献していきます。

環境への取り組み

オハラは「持続可能な開発」の国際的理念のもと、企業活動と環境の調和を経営の最重要課題のひとつとして位置付け、国際規格に則った環境マネジメントシステムを全社員で構築し、環境と調和した、光学ガラス、特殊ガラス及び応用製品の事業活動を通して、環境管理活動を積極的に推進し、社会に貢献します。環境活動では、環境負荷低減に向けて、廃棄ガラスの削減・再利用、省エネルギー、省資源活動を強力に推進しています。また、地域環境活動にも積極的に参加しています。

理念

株式会社オハラは「持続可能な発展」の国際的理念のもと、企業活動と環境の調和を経営の重要課題のひとつとして位置付け、国際規格に則った環境マネジメントシステムを全員で継続的に改善し、これまで構築した光とエレクトロニクス、環境・エネルギー分野での技術を生かした事業活動を通して、環境マネジメント活動を積極的に推進し、地球環境に貢献します。

方針

  • A)該当する国、地方自治体の環境に関連する法規制の遵守、及び業界等の行動規範を遵守するとともに、自主基準を制定して管理し、より一層の環境改善を進めます。
  • B)環境負荷の低減ならびに環境汚染の予防をグループ会社全体で推進します。
    ①廃棄物の削減・再利用、省エネ・省資源の推進を行います。
    ②有害物質の代替えなどで、より環境負荷の少ない施策を推進します。
  • C)地球環境の改善に積極的に貢献する製品の開発・供給を推進します。
  • D)国際的な規則・規制や当社が同意する顧客の要求を遵守し、製品含有化学物質の管理体制を強化します。
  • E)地域社会、取引先及び関連団体との協調連帯を図ります。
  • F)環境マネジメントシステムの運用で、環境目標を設定し、定期的な見直しを図りながら環境方針を実行・維持するとともに、事業所内で働く全ての要員に周知徹底を図ります。また、本方針は一般に公開します。

代表取締役 社長執行役員
齋藤 弘和

マテリアルバランス

オハラは事業活動におけるエネルギーや資源の投入(INPUT)と、その活動に伴って発生した製品や環境負荷物質(OUTPUT)を定量的に把握し、環境保全活動に展開しています。

マテリアルバランス マテリアルバランス

オハラ敷地内での工場建設に伴う土壌調査結果について

2014年4月8日付にてお知らせしました通り、オハラでは本社敷地内での工場建設工事に伴い、「土壌汚染対策法」に基づいた対象区域の土壌調査を実施した結果、対象区域の一部から基準値を超える特定有害物質(カドミウム、鉛、ホウ素)が検出されました。本調査結果を相模原市に報告し、「形質変更時要届出区域」の指定を受けましたが、その後「土壌汚染対策法」に基づく対応により、汚染が確認された区域について、2014年5月12日から6月13日の期間にて対策措置(汚染土壌の全量除去・搬出及び清浄土壌による埋戻し)を実施し、「形質変更時要届出区域」の指定は、2014年8月7日付で解除されました。

詳しく見る
  

子会社解散に伴う土壌汚染調査結果について(2019年12月11日)

当社は、当社の連結子会社である足柄光学株式会社の清算手続きに伴い、土壌汚染対策法及び神奈川県生活環境の保全等に関する条例に基づき、同社敷地の土壌調査を実施いたしました。その結果、同社敷地内の土壌及び地下水から、法律及び条例に定める基準を上回る有害物質が検出されましたので、お知らせいたします。本件につきましては、法令及び行政機関の指導に基づき、土壌改良工事を適切に実施してまいります。

詳しく見る

資材調達について

オハラでは、優良な品質かつ適正な価格で原材料や資材を、次の方針に従い調達しています。

調達方針

  • 1.誠実な企業活動:オハラは、法律や社会規範を遵守し誠実な企業活動を行います。また、調達先にも、同様に法律や社会規範の遵守を要請します。
  • 2.門戸を開放した調達:オハラは、長期的、国際的視野に立ち、広く内外に開かれた調達活動を行います。
  • 3.公正な取引の推進:オハラは自由競争の原則に基づき、品質、経済性、納期、企業の信頼性等について優れた調達先を優先します。
  • 4.パートナーシップに基づく調達:オハラは調達先との相互理解を深め、信頼関係を構築し、これを維持することに努めます。
  • 5.グリーン調達:オハラは、地球環境保全の為に、使用中から廃棄に至るまで、環境に与える影響を考慮した調達品を優先すると共に、調達品の製造工程においても、環境保全に積極的に取り組んでいる調達先を優先します。
  • 6.私的利益受領の禁止:オハラでは、不適切な利益授受を目的とした接待や贈答品の提供を受けることをいたしません。

お取引先へのお願い

お取引先とのパートナーシップのもと、お客様の満足を追求し、かつ社会的責任を果たすため、お取引先の皆様には以下の項目への取り組みをお願いします。

  • 1.法令・社会規範の遵守:事業を行う国や地域の法律や社会規範の遵守をお願いします。
  • 2.社会貢献の推進:国際社会や地域社会の発展に貢献できるよう、「良き企業市民」として積極的に社会貢献への取り組みをお願いします。
  • 3.環境への配慮:オハラの環境方針をご理解いただき、事業活動・調達活動における環境保全への配慮をお願いします。
  • 4.情報セキュリティの確保:オハラとの取引を通じて知り得た情報が漏洩しないよう管理の徹底をお願いします。
  • 5.品質の確保:オハラの求める仕様・品質を満たす資材、原材料等の提供をお願いします。
  • 6.適正価格での提供:市場競争力のある価格での資材、原材料の提供と、継続的な価格低減努力の推進をお願いします。
  • 7.確実な納期の確保と安定供給への対応:製品の継続的な供給と急激な需給変動の要請に応じるため、確実な納期の確保と、安定的かつ柔軟な資材、原材料の供給体制の整備をお願いします。
  • 8.安定した経営基盤:継続的かつ安定した資材供給確保のため、経営基盤安定化の推進をお願いします。

オハラの紛争鉱物に関する取り組みについて

コンゴ民主共和国およびその隣接国である「紛争地域」では、武装勢力により重大な人権侵害が起こされているとして、国際的に大きな問題となっています。この地域で採掘される鉱物(タンタル、タングステン、金、スズ)は「紛争鉱物」と呼ばれ、現地武装勢力の直接的、または間接的な資金源となることが懸念されています。この問題に対し、2010年に米国金融規制改革法(紛争鉱物条項)が制定され、また、経済協力開発機構(OECD)から「紛争鉱物デューデリジェンス・ガイダンス」も発行され、企業に対しサプライチェーンでの責任ある取り組みが強く要請されています。

当社は、調達活動における社会的責任を果たすため、製品に含まれる鉱物使用状況の調査を実施するなど、「紛争鉱物」の不使用に向けた取り組みを進めてまいります。

OTHER CONTENTS

関連する情報については下記からご確認いただけます。
私たちについて詳しく知っていただけるコンテンツをご用意しております。