Skip to header
株式会社オハラ
Japanese
製品/サービス会社案内IR情報採用情報お問い合わせ

製品/サービス
ホーム  > 製品/サービス  > 光製品  > 新製品情報バックナンバー
 
新製品情報バックナンバー
 
>
S-YGH51の低コスト化を実現した光学ガラスS-LAH97のご案内(2017年6月30日)
>
車載カメラ用レンズに最適。低分散領域で負のdn/dTを有する高屈折率光学ガラス S-LAL20のご案内(2017年5月31日)
>
車載カメラ用レンズに最適。極めて大きなdn/dTを有する研磨レンズ用光学ガラス S-LAH52Qのご案内(2017年5月31日)
>
車載カメラ用レンズに最適。化学的耐久性・機械的特性を改善した研磨レンズ用光学ガラス S-LAL54Qのご案内(2017年5月31日)
>
S-TIH53より高屈折率領域で低価格を実現した光学ガラスS-TIH57のご案内(2017年4月18日)
>
S-LAH66領域で部分分散比θg,Fの高い光学ガラスS-LAH96のご案内(2016年12月2日)
>
高屈折率低分散領域の低コスト光学ガラスS-LAH95のご案内(2016年9月28日)
>
低コスト化を実現した光学ガラスS-NBH52V,S-NBH53Vのご案内(2016年7月29日)
>
低コスト化を実現した光学ガラスS-LAH55VS,S-LAH65VSのご案内(2016年4月25日)
>
L-LAL13領域の低コストガラスモールド用低Tg光学ガラス L-LAL15のご案内(2016年4月25日)
>
低コスト化を実現した光学ガラスS-LAH53V,S-LAH60Vのご案内(2016年3月31日)
>
L-LAH85V領域の低コスト低比重低Tg光学ガラスL-LAH94のご案内(2015年12月1日)
>
S-LAL18領域の低コスト・低比重光学ガラス S-LAL19のご案内(2015年11月2日)
>
高屈折率低分散領域の低コスト低比重光学ガラス S-LAH93のご案内(2015年9月30日)
>
S-NPH1の透過率改良品 S-NPH1Wのご案内(2015年3月27日)
>
高い光透過特性を有する高屈折率高分散S-NPH5のご案内(2014年12月26日)
>
S-LAH58領域の低コスト低比重光学ガラスS-LAH92のご案内(2014年9月30日)
>
研磨加工性を改善した極低分散ガラスS-FPL55のご案内(2014年8月8日)
>
部分分散比θg,Fが低い高屈折率・高分散ガラスS-NBH57のご案内(2014年8月8日)
>
S-LAH66領域の低コスト低Tg光学ガラスL-LAH91のご案内(2014年3月28日)
>
L-LAH85V領域の低コスト低比重低Tg光学ガラスL-LAH90のご案内(2014年3月28日)
>
高い光透過特性と色収差補正に効果的な分散特性を有するS-NPH4のご案内(2014年3月28日)
>
S-LAH58領域の低コスト低比重光学ガラスS-LAH89のご案内(2014年3月28日)
>
S-TIH53領域で部分分散比θg,Fが低い高屈折率・高分散ガラスS-NBH56のご案内(2014年1月17日)
>
色収差補正に効果的な異常分散性が最も小さい高屈折率・高分散ガラスS-LAH88のご案内(2013年9月30日)
>
S-TIH53の透過率改良品 S-TIH53Wのご案内(2013年8月19日)
>
低屈折低分散領域の異常分散性ガラスとして、温度変化に伴う屈折率の変動量を抑えたS-FPM3のご案内(2013年4月22日)
>
より低温でのガラスモールド成形が可能となった低Tg光学ガラス L-BAL43のご案内(2012年11月26日)
>
高分散領域において高透過率を有し、色収差を良好に補正することを可能としたS-NPH3のご案内(2010年12月3日)
>
中屈折領域の異常分散性ガラスとして、摩耗度と耐酸性のバランスが良く、加工性に優れる硝材S-FPM2のご案内(2010年3月17日)
>
2.1を超える屈折率と400度を下回るモールドプレス成形温度を両立させた新次元の低Tg光学ガラスL-BBH1のご案内(2010年3月17日)
>
汎用的に使用される硝材を低コスト化した光学ガラスS-LAH55V、S-LAH65Vのご案内
(2010年3月17日)
>
高屈折低分散領域において低温でのプレス成形を可能とする低Tg光学ガラスL-LAH87のご案内(2009年9月4日)
>
低Tg光学ガラスに新開発のL-LAH86(nd1.9以上、νd31)が加わりました。(2008年9月11日)
>
高屈折率低分散光学ガラスL-LAH83の低コストを実現。研磨ボール、RP、丸棒切断品に対応可能としたL-LAH85(新製品)のご案内(2007年8月24日)
>
低蛍光光学ガラスS-NBH52、S-NBH53のご案内(2007年6月4日)
>
特徴的な分散特性を有する高透過率ガラスS-NBH55のご案内(2007年4月18日)
>
高屈折率で特徴的な分散特性を有するS-LAH71のご案内(2007年4月18日)
>
ご好評頂いているL-LAH81を更に低Tg化した新開発ガラスL-LAH84のご案内(2007年4月18日)
 > 業界トップの高透過率を実現した高屈折率高分散環境対策光学ガラスS-NPH53(新製品)のご案内(2005年9月5日)
 > ガラスモールド用硝材で世界最高の高屈折率低分散特性を実現したL-LAH83(新製品)のご案内(2005年9月5日)
 > 低Tg光学ガラスに新開発の高屈折率高分散の環境対策光学ガラスL-NBH54が加わりました。(2005年9月5日)
 

掲載内容は、掲載日現在の情報です。
予告なしに変更される可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

 
To the top of the page
 

製品/サービス
 
 
|  サイトマップ  |  個人情報保護方針  |  所在地  |(c) OHARA INC. All rights reserved.