Skip to header
株式会社オハラ
Japanese
製品/サービス会社案内IR情報採用情報お問い合わせ

製品/サービス
ホーム  > 製品/サービス  > エレクトロニクス製品  > i線用高均質性光学ガラス  > i線用高均質性光学ガラスデータ
 
i線用高均質性光学ガラスデータ
 
 
硝種名内部
透過率
τ10mm
(365nm)
耐ソーラリ
ゼーション
光学的均質性規格(×10-6)niのロット内
ばらつき
(×10-5)
性能公差
(×10-5)
160mmΦ
以下
210Φmm
以下
260mmΦ
以下
S-FPL51Y0.997良好±1.0±2+20±20
S-FSL5Y0.999良好±0.5±0.8±1.0±2+15±20
BSL7Y0.998良好±0.5±0.8±1.0±1+20±20
BAL15Y0.994良好±0.5±0.8±1.0±2+10±20
BAL35Y0.996良好±0.5±0.8±1.0±2+20±20
BSM51Y0.995良好±0.5±0.8±1.0±2+30±20
PBL1Y0.997良好±0.5±0.8±1.0±2+10±20
PBL6Y0.998良好±0.5±0.8±1.0±2+10±20
PBL25Y0.995良好±0.5±0.8±1.0±2+10±20
PBL26Y0.996良好±0.5±0.8±1.0±2+10±20
PBL35Y 0.997 良好±0.5±0.8±1.0±2+10±20
PBM2Y0.986良好±0.5±0.8±1.0±2+10±20
PBM8Y0.991良好±0.5±0.8±1.0±2+10±20
PBM18Y0.993良好±0.5±0.8±1.0±2+10±20
 >i線用ガラス諸性質
>エクセル形式i線用ガラスデータ(xls形式) 195KB (2017年4月28日改訂)
>エクセル形式i線用ガラスデータ(xlsx形式) 135KB (2017年4月28日改訂)
(注) 屈折率は分散式から計算し、5桁の屈折率については小数点以下6桁目を四捨五入、6桁の屈折率については少数点以下小数点以下7桁目を四捨五入してあります。
(注)光学的均質性規格:硝種や寸法によっては上記数値より厳しいスペックにも対応できますのでご相談ください。
(注)性能公差:上記数値より厳しいスペックにも対応できますのでご相談下さい。

PDFファイルをご利用になるためには、アドビシステムズ社のAdobe Readerが必要です。 Get Adobe Reader
To the top of the page
 

i線用ガラス一覧表の要素について

内部透過率(τ)

ガラスの透明性を示す表示は、表面反射損失を含まない分光透過率(τ)で、365nmにおける内部透過率の保証値を示してあります。但し、試料の厚さは10mmです。

 
ソーラリゼーション

ソーラリゼーションの程度は、照射前の分光透過率80%に対応する波長に於いて、超高圧水銀灯による照射後の分光透過率の減少で表示してあります。詳細な測定方法・条件については、“日本光学硝子工業会規格(JOGIS)”をご参照ください。

 
光学的均質性

均質性は平行平面のガラスに対して、He-Neレーザー干渉計を用いて屈折率の局所的変化量Δnを測定し、保証しています。
硝種・寸法・形状によってΔnの保証値が変わる場合がありますので160φ以下・210φ以下及び260φ以下の各々で表示してあります。
納入寸法が25mmより薄い場合には、仮厚み25mm以上で測定し、保証致します。
規格値より厳しいスペックにも対応できますので、ご相談に応じます。

 
ロット内の屈折率バラツキ

同一ロット同一アニール処理後のniのバラツキに対する規格を小数点以下5桁目に対して示してあります。
表示例: ±1 (×10-5)

 
性能公差
特別仕様の為、カタログ値より高めの屈折率を基準と考え、そこから±20の公差を加えたものという考え方で屈折率(ni)の許容範囲を小数点以下5桁目に対して表示してあります。

表示例+20±20

規格値より厳しいスペックにも対応できますので、ご相談に応じます。
 
 
To the top of the page
 

製品/サービス
 
 
|  サイトマップ  |  個人情報保護方針  |  所在地  |(c) OHARA INC. All rights reserved.