Skip to header
株式会社オハラ
Japanese
製品/サービス会社案内IR情報採用情報お問い合わせ

会社案内
ホーム  > 会社案内  > 生産工程
 
生産工程
 

設計、生産から出荷まで、一貫した超高精度生産技術とISO9001に認証された品質管理により信頼性の高い製品を生産し、送り出しております。


光学ガラスに最も厳しく要求されるものは、製品の精度と均質性です。物理的、光学的性能がどれひとつとっても設計要件を満たし、バラツキのないことです。

オハラは、競合光学素材メーカーに先駆け、1998年英国ロイドレジスター社の本審査をクリアし、光学ガラス、特殊ガラスなど、全部門の開発・設計を含む品質システムを対象とした、日本でこの分野初のISO9001の認証を得ております。

原料調合、バッチ熔解、カレット調合、連続熔解からプレス加工、アニール、製品検査、出荷、さらに各生産段階の間に入る数多くの品質チェック工程、どれひとつとりましても、世界トップレベルの管理プロセスを持ち、その維持と改善に細心の注意と努力を傾注いたしております。
 
 

品質方針

 
理念

株式会社オハラは最高品質へのこだわりを持ち、たゆまぬ技術革新で「人と社会の未来創造」へ貢献するため、事業活動に携わる総ての人々が以下の方針で常に「顧客への満足の提供」を行います。

方針

  顧客の信頼と満足
当社の各種製品・サービスの共通する品質目標は、顧客の信頼と満足であることを常に念頭に置きます。
 
  顧客要求の確認
顧客の信頼と満足を得られる製品・サービスを提供するために、まず第一に顧客の要求を十分に理解し、関係者に周知徹底します。
 
  品質マネジメントシステムの確立と継続的な改善
設定した品質方針・目標を確実に実行するために、品質マネジメントシステムを確立・維持し、継続的に改善を行います。
 
  品質の造り込み
製品の企画、設計、製造段階での品質の造り込みを行います。
 
  品質方針は、株式会社オハラに携わる人々に周知徹底します。
また、本方針は一般に公開します。
 

2016年11月1日
代表取締役 社長執行役員 齋藤 弘和
 
To the top of the page
 

会社案内
 
 
|  サイトマップ  |  個人情報保護方針  |  所在地  |(c) OHARA INC. All rights reserved.