Skip to header
株式会社オハラ
Japanese
製品/サービス会社案内IR情報採用情報お問い合わせ

製品/サービス
 
新製品情報
 

S-LAL20

S-LAL20は、負のdn/dT を有する高屈折率光学ガラスです。
車載カメラ用レンズの光学系は固定焦点が一般的ですが、車が使用される環境は零下(寒冷地)〜50℃以上(真夏の車内)と温度変化が大きく、温度変化による屈折率変動(温度ドリフト)を考慮した光学設計が必要となります。多くの光学ガラスは正のdn/dT を有しているため、これらのレンズと組み合わた光学系において、温度ドリフトを効率的に補正することが期待されます。また、この硝材は車載カメラ用レンズはもちろん、プロジェクターや写真用交換レンズなど様々な用途でご使用頂けます。


(製品特長)
1.LAL領域でdn/dTがマイナス
    dn/dT(Dline 40℃〜60℃)    −1.2
2.低分散領域の負のdn/dTを持つガラスの中で最も屈折率が高い
    nd    約1.7 (これまではS-PHM52 nd 約1.62が最高値)

 
  S-LAL20
環境対策区分
屈折率 nd 1.69930
アッベ数 νd 51.11
dn/dT relative
D line 40〜60℃
-1.2
線膨張係数 α
(10-7/℃)
-30〜70℃ 90
+100〜300℃ 105
転移点 Tg(℃) 628
屈伏点 At(℃) 676
着色度 λ80 370
λ5 310
化学的耐久性RW(P) 2
RA(P) 4
W(S) 1
SR 53.1
PR 4.2
比重 4.38
ヌープ硬さ Hk 490[5]
摩耗度 Aa 243
カタログデータ詳細 PDF
製品供給形態 ・プレス品
・丸棒切断品
・切断/丸目加工品
(製品供給形態、形状、公差につきましてはご相談ください。)

 
To the top of the page
 

製品/サービス
 
 
|  サイトマップ  |  個人情報保護方針  |  所在地  |(c) OHARA INC. All rights reserved.