Skip to header
株式会社オハラ
Japanese
製品/サービス会社案内IR情報採用情報お問い合わせ

製品/サービス
 
その他
 
|  泡・異物  |  着色度  |  比重  |
 

泡・異物

光学ガラスは泡のないことが最も望ましいことですが、一般に多少の泡は避けられません。ガラス中に含まれる泡の程度はガラスの種類によって、その大きさ、数にある程度の傾向があります。泡が入り易い硝種にはB記号を表示してあります。また、結晶や節のような異物がある場合も、泡と同様とみなし、泡の断面積の総和に加算してあります。

 

着色度

厚さ10mmの各硝種の代表的な試料について、その反射損失を含む分光透過率の曲線から80%と5%の透過率を示す波長を、それぞれ整数第1位を2捨3入・7捨8入し、5nmを単位として405/355のように表示してあります。
なお、ne≧1.85の高屈折率硝種については、反射損失が大きいため80%の透過率を示す波長の代わりに70%の透過率を示す波長を用いて(415)のように表示しました。

 

比重*

比重は良くアニールされた各硝種の+4℃における純水に対する値で、小数点以下2桁までの数値で表示してあります。

 
* 日本光学硝子工業会制定の測定方法によったものです。
** ASTMに規定された試験方法によったものです。
***ISO(国際標準化機構)に規定された試験方法によったものです。

 
To the top of the page
 

製品/サービス
 
 
|  サイトマップ  |  個人情報保護方針  |  所在地  |(c) OHARA INC. All rights reserved.