Skip to header
株式会社オハラ
Japanese
製品/サービス会社案内IR情報採用情報お問い合わせ

会社案内
ホーム  > 会社案内  > 環境への取り組み
 
環境への取り組み
 
 
株式会社オハラ   オハラは「持続可能な開発」の国際的理念のもと、企業活動と環境の調和を経営の最重要課題のひとつとして位置付け、国際規格に則った環境マネジメントシステムを全社員で構築し、環境と調和した、光学ガラス、特殊ガラス、HD基板及び応用製品の事業活動を通して、環境管理活動を積極的に推進し、社会に貢献します。

環境活動では、環境負荷低減に向けて、廃棄ガラスの削減・再利用、省エネルギー、省資源活動を強力に推進しています。また、地域環境活動にも積極的に参加しています。
 

環境方針

 
理念

株式会社オハラは「持続可能な発展」の国際的理念のもと、企業活動と環境の調和を経営の最高課題のひとつとして位置付け、国際規格に則った環境マネジメントシステムを全員で継続的に改善し、光とエレクトロニクス、環境・エネルギーの分野で、これまで構築した光学ガラス、特殊ガラス、HD基板及び応用製品の技術を生かした事業活動を通して、環境マネジメント活動を積極的に推進し、社会に貢献します。

方針

a)   該当する国、地方自治体の環境に関連する法規制の遵守、及び業界等の行動規範を遵守するとともに、自主基準を制定して管理し、より一層の環境改善を進めます。
 
b)   廃棄物の削減・再利用、省エネ・省資源の推進を行います。
1   ガラス屑、プラスチック、耐火物レンガ等の削減と再利用
2   空調・照明等工場施設と生産プロセスの改善及び生産設備の改善による電力・ガスの省エネルギーとCO2排出量の削減
3   ガラス製造の歩留り向上による原材料等の天然資源の節約
 
c)  地球環境の改善に積極的に貢献する製品の開発・供給を推進します。
 
d)   有害物質の代替え材料などの使用により、環境汚染の予防及び環境負荷の少ない製品の開発を推進します。
また、国際的な規則・規制や当社が同意する顧客の要求を遵守し、製品含有化学物質の管理体制を強化します。
 
e)   環境目的、目標を設定し、かつ状況変化に応じた見直しを図ると共に、環境マネジメントシステムを継続的に改善します。
 
f)   環境マネジメントシステムの運用により、環境方針を実行・維持するとともに、事業所内で働く全ての要員に周知徹底を図ります。
また、本方針は一般に公開します。
 
g)   地域社会、取引先及び関連団体との協調連帯を図ります。

2016年1月28日
代表取締役 社長執行役員 齋藤 弘和
 

環境マネジメントシステムISO14001の認証を取得

環境マネジメントの国際規格ISO14001の認証を2000年4月に取得(審査登録機関は日本検査キューエイ)いたしました。廃棄物削減・再利用推進委員会、省資源推進委員会、省エネルギー推進委員会と各部門の環境マネジメント活動を通して環境目的・目標の達成と環境管理システムのスパイラルアップに取り組んでいます。

 

オハラの紛争鉱物に関する取り組みについて

コンゴ民主共和国およびその隣接国である「紛争地域」では、武装勢力により重大な人権侵害が起こされているとして、国際的に大きな問題となっています。
この地域で採掘される鉱物(タンタル、タングステン、金、スズ)は「紛争鉱物」と呼ばれ、現地武装勢力の直接的、または間接的な資金源となることが懸念されています。

この問題に対し、2010年に米国金融規制改革法(紛争鉱物条項)が制定され、また、経済協力開発機構(OECD)から「紛争鉱物デューデリジェンス・ガイダンス」も発行され、企業に対しサプライチェーンでの責任ある取り組みが強く要請されています。

当社は、調達活動における社会的責任を果たすため、製品に含まれる鉱物使用状況の調査を実施するなど、「紛争鉱物」の不使用に向けた取り組みを進めてまいります。

 

CSR報告書

当社の環境活動ならびに社会性活動に関する具体的な取り組みおよびその成果をまとめた、『CSR報告書』(2009年度に『環境・社会報告書』から改称)を掲載しております。

 
CSR報告書
CSR報告書2013 CSR報告書2013 CSR報告書2013 (6.81MB)
CSR報告書2012 CSR報告書2012 CSR報告書2012 (7.4MB)
CSR報告書2011 CSR報告書2011 CSR報告書2011 (5.15MB)
CSR報告書2010 CSR報告書2010 CSR報告書2010 (3.00MB)
CSR報告書2009 CSR報告書2009 CSR報告書2009 (2.94MB)
環境・社会報告書2008 環境・社会報告書2008 環境・社会報告書2008 (2.94MB)
 
To the top of the page
 

会社案内
 
 
|  サイトマップ  |  個人情報保護方針  |  所在地  |(c) OHARA INC. All rights reserved.